ウェディングドレスのオーダーレンタル・販売|ウエディング代官山エフ&結婚式のトータルアドバイザー|ロハスウエディング

衣装直し

WD→和装。…中座に45分?!そんなに皆様をお待たせできない…

衣装直し

ウェディングドレスから和装(引振袖)へのお色直しを考えています。
しかし、プランナーさんから……、「和装へのチェンジは45分の中座時間が必要です」と言われてしまいました!
2時間半の披露宴の中で、お色直しだけで45分も中座するのはさすがに長すぎると思っています。せっかく来て頂いたゲストの方々を退屈させてしまわないかとも思っています。
ただ、和装はどうしても譲れない部分ですので、何とか短縮する方法を!と考えています。
もし短縮が難しいようであれば、他の方法でお客様を待たせない演出などありましら、是非ともアドバイスをよろしくお願いいたします。

そうですね、中座時間確かに気になりますよね。
まずお色直しの時間を短くするには、スタッフの数を増やしてもらうことですね。もし一人で45分であれば2人に増やしてもらう。これが間違いない方法だと思います。そして和装の場合は、美容師さんではなく、着付けを専門に行っている着付け師さんに依頼したほうが確実にスムーズです。慣れていますからね。あとは、ヘアを大胆には変えずに、洋髪で少しアレンジを加える程度にするなど、ですね。
もし人数の増加、着付け師さんの持込などが不可の場合は、皆様を退屈させない方法として、お料理のランクアップです。お料理が美味しいと、次のお皿が待ち遠しくなり、時間が気にならなくなります。こちらも検討してみてください!