ウェディングドレスのオーダーレンタル・販売|ウエディング代官山エフ&結婚式のトータルアドバイザー|ロハスウエディング

メイク

赤いリップ?ベージュのリップ?

メイク

先日、ヘアメイクのリハーサルがありました。私は、デイリーメイクの時はナチュラル派で、リップは基本的に柔らかい感じのピンクやベージュ系のみです。ですので、結婚式のメイクも自分が慣れているナチュラル系に仕上げて貰いたかったのですが、メイクさんから、リップはもう少しだけでも赤味がかっていたほうがいい。特に写真撮影する時はね。と言われました。
そんなものなのかな、と思うのですが、普段赤いリップはしないので、どうしても違和感があって、なんとなく納得できないのです。リップは赤いほうがいいのでしょうか?

ヌーディ系のカラーがトレンドの今、赤の口紅は確かに最近の“はやり”ではありませんね。普段のメイクを結婚式でもしたいという気持ち、分かります。安心できますものね。でも、ちょっと考えて欲しいです。結婚式の写真って一生残るもの。私もやはりこちらのメイクさんと同じく、ちょっと赤い色味のリップをお薦めしますね。ベージュ系のリップはどうしても、顔色がくすんで見えがちなのですよ。パッと見て華やかな印象にはなりにくいですね。特に、写真を撮った時の見栄えがレッド系より落ちてしまう可能性大です。
それとお天気ですね。どんより曇りの日だと顔色も晴れの日よりくすんで見えてしまいがち。それを助けてくれるのが赤いリップなのです。赤はあなたを美しく綺麗な花嫁にしてくれる魔法のアイテムだと思って!