ウェディングドレスのオーダーレンタル・販売|ウエディング代官山エフ&結婚式のトータルアドバイザー|ロハスウエディング

持込料

持込料って何?なぜ発生するのですか?

持込料

よく持込料って聞きますが、一体この料金は何なのでしょうか?
そろそろ会場を探そうと思っていて、いろいろ下調べをしていて出てきたのが、持込料という言葉。しかも会場によってまちまちでドレスの持込になると高いところだと十万円以上も!ドレスは着たいデザインがまだはっきりしていないので持ち込むになるかどうか分かりませんが、引出物や席次表などは自分で作ったものを持ち込む予定でいます。またブーケも知り合いの方にお願いする予定なのでこれも持ち込みになると思います。
なんだかどこまで持ち込み料ってかかるのかな?あれもこれも自分の好きなように、ってやっているとどんどん金額上がっていっちゃうのかな…と思うと、なかなか自分の思い通りの結婚式を挙げるのって難しいのかなって、まだ準備段階にも入っていないのに、ちょっと不安になってきてしまいました。
持込料を支払う意味を教えてください!

そうですね、それぞれの会場に提携しているドレスショップやカメラマンの方がいらっしゃるので、多くの会場では、提携外から選ぶとなると持込料が発生しますね。
発生する理由としてよく言われることは、当日持ち込んだアイテムに何かトラブルがあった時、対処してくれるのが提携しているショップの方々だから、またドレスに関して言えば保管料などもよく言われることです。 ただ実際は……、会場へ提携先からマージンが入るというのが、持込料の発生する一番大きな理由かもしれないですね。会場からしてみたらお客様に提携先のものを利用して貰えば、それだけ会場に入ってくることになり売上が上がりますからね。
ただ全ての会場がこうであるわけではなく、持込料が発生しないところもあります。
またドレス一着を提携ショップでレンタルをすれば、他のドレスの持ち込み料を無料にしてくれる会場もあります。
一度契約を交わした後ですと交渉は難しいので、後で何故?失敗した!と思わないように、じっくり下調べしたりプランナーさんと交渉したりすることが大事になってきます。